生活費が足りない!今からすぐお金がいる時は・・・
生活費がどうしても足りない!そんな時に限ってどうしてもお金が必要な時ってあります。今すぐにでもお金をどうにか都合つけたい人は、早い時間にカードローン申込すれば本日中に融資を受けれるカードローンもあります。手早くどうしてもお金を準備したいなら、安心して借りれるこちらのカードローンがおすすめです。生活費をやりくりする主婦が申込時間により本日中にキャッシングできるカードローンをご紹介します。

収入ある主婦なら消費者金融のキャッシングがおすすめ

※主婦の方は、安定した収入のある方が申込みいただけます。

 モビット

モビット公式サイトへ

 実質年率 : 3.0%〜18.0%
 利用限度額 : 1万〜800万円
 融資 : 即日融資も可能(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
 特徴 : 10秒簡易審査
  • 三井住友・三菱東京UFJに口座があれば、WEB完結申込み、しかも電話・郵送無し!
  • 全国提携ATM 約100.000台(2015年6月現在)
  • パート、アルバイトで安定した収入がある方もOK!

モビット公式サイトへ

 プロミス

プロミス公式サイトへ

 実質年率 : 4.5%〜17.8%
 利用限度額 : 1万〜500万円
 融資 : WEB契約なら即日融資可能!平日14時までに契約完了の場合
 特徴 : 審査最短30分
  • はじめての利用でメアド登録とWeb明細利用で30日間無利息のサービス
  • 三井住友銀行と提携しているので、三井住友銀行のユーザーの方には特に便利です。
  • パート、アルバイトで収入ある人もOK!

プロミス公式サイトへ

総量規制対象外の銀行カードローンは専業主婦も配偶者に収入があれば借入可能です!

 みずほ銀行カードローン【エグゼグティブプラン】

みずほ銀行カードローン公式サイトへ

 実質年率 : 年3.0%〜7.0%
 最大利用限度額 : 1,000万円
 融資 : 即日融資も可能(みずほ銀行口座をお持ちの方)
 特徴 : WEB完結申込みで、最短即日利用可能、(みずほ銀行口座をお持ちの方)
  • みずほ銀行の口座をお持ちでない方でも最短即日審査回答可能!
  • みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方は、ご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はございません。
  •  

みずほ銀行カードローン公式サイトへ

生活費足りない時どうする?

現代社会では、働き方が自由で雇用の流動性も高いものとなっています。そして、そのような社会状況は、正規と非正規といった働き方による格差社会を助長しているとも言えるでしょう。さらには、雇用の流動性の進捗は、非正規社員をさらに増やすことになっているとも言えるでしょう。そして、非正規雇用である多くの人が生活費が足りなくなってしまう状態に少なからず置かれていると言えるのではないでしょうか。そのような生活費足りない時にはどうするのがベストな打開策となるのでしょうか?

 

生活費足りない!あなたならどうする?

どうしても「生活費足りない!」ということはありますよね。たとえば、日雇い派遣で働いていたり、アルバイトで生計を立てているような人だと、勤務日数が少ないと途端に「生活費足りない!」といった状態に陥ってしまうのではないでしょうか。
また、正社員でも、いっこうに先の見えてこない不況のために、良くて給料が横ばいで一向に昇給しない、あるいは給料が減ってしまうと言ったことも今日では決して珍しくないと思われます。
消費税増税や光熱費の値上げ、さらには保険料の値上げや高齢化社会の進展に伴う介護費用の増加など、日常の生活費を圧迫してしまう要因はたくさんあると言っても過言ではないでしょう。そのような、ちょっとした社会の変化によってすぐに生活費不足となってしまう状況下、生活費足りない時にあなたならどうしますか?親にお金を借りますか?友人や知人にお金を借りる相談をしますか?あるいは恋人にお金の無心をしますか?そのようにお金に関して頼れる人が自分の周りにいる方ならよいでしょう。しかし、そのような人間関係に恵まれていない人、誰にも相談したり頼れない人も多いんです。そんな人は生活費足りない時、金融機関を頼るのも間違いではないですよ。なぜなら、金融機関のカードローンなら、まじめに働いていれば誰でも安心して利用できてお金を借りれるからです。どうしても生活費が足りなくなった時、しっかり計画をもってキャッシングすれば、精神的にも救われることもあるのです。

 

キャッシングは計画的に利用すれば怖くない!

カードローンやキャッシングという言葉にどうしても抵抗感を感じてしまう人っていると思います。でも、きちんと計画的にキャッシングを利用すれば、これほど便利な金融ツールはないと言えるのです。
また、カードローンでのキャッシングなら、即日にお金を借りられるものもあって急にお金が必要となった時でも安心です。

 

カードローンやキャッシングを生活費足りない時に上手に利用する方法としては、どうしても生活費が不足して他の出費を削っても補えない緊急事態の時だけ利用する」と自分なりのルールをきちんと決めて利用することなのです。つまり、極めて抑制的にカードローンやキャッシングを利用することで生活費不足に対してとても頼もしい味方になると言うことなのです。

 

キャッシング利用においては、

  • 絶対に余計なお金は借りない
  • 返済できない借り方はしない
  • 返済してから借りる

こういった点をしっかり守ればキャッシングほど便利なツールはありませんよ!

生活費足りない時のキャッシング

「生活費がどうしても足りないけど、誰も頼れる人がいない」と言ったような生活費不足になったら、やはりどこかでお金を借りる以外に手は無いと思われます。そんな生活費足りない時のキャッシングにおいては、様々な社会的立場によって微妙にベストなキャッシング方法というものは変わって来ると思います。

 

「収入ある主婦」と「無収入の専業主婦」の場合

 

まず生活費足りないキャッシングとして、「収入ある主婦」と「無収入の専業主婦」との場合で考えてみます。収入ある主婦なら、銀行でも消費者金融でも、どの金融会社のキャッシングも利用できます。他方で、収入があってもパートなどで働いているので、収入は少な目となるのは否めません。また、雇用に関しても、正社員に比べるとやや不安定な点も否めないでしょうね。そして、収入ある主婦がキャッシングする場合には、これらの点が審査でマイナスとなってしまう可能性があります。その点を鑑みると、できるだけ審査が柔軟で簡単なキャッシングが良いと思われます。そうなると収入ある主婦へのおススメは消費者金融でのキャッシングとなります。一方で、パート主婦でも比較的高収入を得ており、パート歴も長い方なら、銀行のキャッシング審査でも十分に通過可能と思われます。そして、「金利の低さ」といったメリットから言えば、銀行キャッシングがベターとなります。他方、無収入の専業主婦の場合は、総量規制の対象となる消費者金融ではキャッシングできません。それゆえ、専業主婦のキャッシング先は総量規制の対象外となる「銀行」となります。が、銀行のキャッシング審査は一般的に厳しくなるので、借入可能であっても専業主婦の場合はやはり借り難さを否めないのです。そのことから専業主婦のキャッシング先としては、相対的に審査が柔軟で簡単な銀行となるでしょうね。具体的には、ネット銀行でのキャッシングが良いと思いますよ。

 

一人暮らしの生活費足りないキャッシングは?

 

さて、次は一人暮らしをしている方が生活費足りない時のキャッシングとなります。どの金融機関のキャッシング審査においても、一人暮らしであるとの理由だけで審査や融資で差別されることはありません。が、銀行のキャッシングの場合は、既婚者の方が審査で有利になることがあります。それは銀行のキャッシング審査では、なによりも申込者の「信用力」を重視する傾向があり、一人暮らしよりは既婚者の方が社会的信用力が高いとみなされるからです。そして、その意味から言えば、一人暮らしのキャッシングに向いているのは、消費者金融のキャッシングと言うことになるでしょうね。消費者金融のキャッシング審査では、一人暮らしと言うことでハンディはありません。きちんと働いて安定収入を確保しており、勤続年数も長ければ、一人暮らしでも審査で有利になります。また、年収も多ければプラス材料です。以上の事から、一人暮らしで生活費足りないキャッシングにおいては、まず消費者金融でのキャッシングを考え、一人暮らしでもかなり借入条件が良い場合には、より金利の低い銀行キャッシングが一番になると言って良いと思います。