生活費足りない時のキャッシングの上手な利用法

「今月は給料日前なのに、すでに生活費が足りない!」なんてことってありますよね!?そして、どうしても生活費足りない時には、どこかでキャッシングする以外に方法が無いのではないでしょうか?その一方で、「生活費足りなくなったら、その分はキャッシングに頼ればいいや!」といった何もよく考えない安易な利用法って、実は間違ったキャッシングの利用法と言ってよいのです。

 

「キャッシングは選んで利用する」のが大原則!

 

「今月は遊び過ぎて生活費が足りないから、どこかでキャッシングして乗り越えよう!」といった考え方は基本的にアリ!だと思いますよ。しかし、「とにかく生活費足りない分を借りられればいいや!」といったキャッシング利用法は、上手な使い方とは言えません。たとえ生活費不足のために一時的に、スポット的にお金を借りるとしても、じっくり借入条件の良いところを吟味して借りるのが上手な利用法となります。たとえば、借りた後の返済のことまで考慮して生活費不足のお金を借りるようにしましょう。なぜなら、「借りたお金は必ず利子をつけて返済しなければならない」からです。そして、借りた後の返済を考えないで、その場凌ぎみたいにキャッシングすると、もともと生活費足りない分を借りるための一時凌ぎの借入であっても、返済負担が重くなって恒常的な生活費不足の原因となってしまうこともあるのです。借りた後の返済をしっかり考えたキャッシングなら、なるべく金利の低いところでキャッシングしましょう!そして、銀行キャッシングなら低金利で借りられるのでおススメです。また、消費者金融によっては、無利息サービスを実施しているところがあるので、それを選ぶことも上手なキャッシング利用法となりますよ。たとえば、プロミスやアコムなら、初めての利用者に限って「30日間無利息サービス」があります。また、新生銀行レイクだと、初回利用者に限って、「借入額のうち5万円まで180日間無利息」あるいは「借入額に関係なく30日間金利ゼロ」のどちらかの無利息サービスが選べるのです!以上のように、「単に生活費が足りないからキャッシングする!」のではなく、借入条件が少しでも有利で得するようなところを選んでキャッシングするのが上手な利用法になるのです。つまり、「キャッシングはお金が無いから借りる」のではなく、「上手に選んでお金を借りる!」と言った意識が大切になると言うことですね。

 

無計画な借り癖は絶対につけない!

 

もうひとつ生活費足りない時のキャッシングで憶えておいて欲しいのは、「お金が足りないからキャッシングして賄おう」と言った借り癖を絶対につけないことなのです。なぜなら、「足りなかったらキャッシングする」と言うことは、借り方が簡単なので、つい楽な事への走ってしまうようになるからです。また、そのような利用をしていると、返済を良く考えない「無計画な借入」に繋がってしまう危険性もありますよ。そして、無計画なキャッシングを知らないうちに続けてしまうと、最後には返済できなくなって債務整理と言った一大事にも成りかねません。それゆえ、「生活費足りない時のキャッシングはあくまでも緊急的措置で一時的な事」と自分なりのルールを決めて利用してください。また、すぐにキャッシングに頼るのではなく、節約や倹約する意識を常に持つことも大切です。たとえば、今月は遊びでお金を使ってしまったら、友だちと飲みに行く回数を減らしたり、外食を控えて自炊するといった、「使ったお金の分をどこかで節約して少しでも補うようにする」と言った意識が必要なんです。そのような意識を常に持った上で、どうしても生活費足りない時は、足りない分だけをキャッシングするようにしてください。その場合、「あとで困るといけないから少し余分にキャッシングしておこう!」は絶対に禁物です。

生活費足りない!おすすめキャッシング