生活費足りないことでおこるトラブルについて

生活費足りないと、家庭内での人間関係がギスギスしたような感じになってしまうのではないでしょうか。たとえば、生活費の不足を家庭内の誰か一人の責任に押し付けて責め立てたり、また収入の少ない親をバカにするような態度を取ったりと、家族の人間関係の崩壊が生活費足りないことで起こるトラブルの中で一番の問題と考えられます。

 

生活費足りないと「家庭内トラブル」が絶えなくなるかもしれません

 

生活費足りなくなると、まず夫婦関係での人間関係が悪くなると思われます。たとえば、夫はきちんと一定の生活費を渡しているのに、生活費足りないと妻が苦情を言うと、妻のやり繰りヘタを詰ったり、あるいは「浪費している!」と非難するのではないでしょうか。その一方で、家計を預かる主婦としては、少ない生活費で一生懸命にやり繰りしている自分を非難されると、売り言葉に買い言葉で、生活費を十分に入れてくれない夫の素行を責めることになってしまうと推測できるのです。そして、こうなってしまうと、夫婦の人間関係はギクシャクしてしまって、家庭内に暗く陰鬱なムードが常に漂うことになってしまいます。また、そのような両親の不和を肌で敏感に感じ取ってしまうのが子供であり、とても辛くて「家に帰りたくない!」といったトラブルを起こしてしまう可能性もあるのではないでしょうか。そして、お金を巡る両親の絶えない諍いを見るに堪えずに、家に帰るのがイヤとの理由で、子供は夜遊びに走って最悪の場合には事件に巻き込まれてしまうと言ったケースも十分に考え得るトラブルとなります。

 

「無計画な借り癖」がつくトラブルもありますよ!

 

生活費足りないことで起こるトラブルを避けるためには、なによりも生活費不足の状態から抜け出すことが先決となります。たとえば、夫の収入による生活費だけでは生活費不足の状態から抜け出せないようなら、妻がパートで働きに出ることで解決策を見出すとよいでしょう。また、子供たちにも正直に生活費が苦しい事実をきちんと話して、子供たちにもできるだけ協力してもらって節約を心がけるように頼んだり、無駄遣いをしないようにお願いして家族みんなで協力して生活費不足から抜け出す努力をすることも大事ですね。そして、そのような努力や節約をしても、なお生活費足りないのであれば、銀行や消費者金融でキャッシングして足りない生活費を賄うことを真剣に考えるべきだと思います。しかしながら、生活費不足を補うためのキャッシングによるトラブルとしては、「無計画な借り癖」が付いてしまって借金塗れになってしまうことなんです。「生活費が足りないからお金を借りる」といった安易なキャッシングにどっぷり浸かってしまうと、比較的簡単にカードローンでお金が借りられることとも相俟って、返済のことを考えずに、とりあえず毎月の生活費不足だけを回避するような無計画な借り癖だけが付いてしまう危険性は大いにあるのです。そのことから生活費不足のためのキャッシングは、あくまでも緊急措置と考えて利用する心構えがとても大切になると言ってよいのです。

生活費足りない!おすすめキャッシング