出産によって生活費足りない場合について

出産は、人生において特に素晴らしい出来事であることに依存は無いと思われます。また、夫婦にとって出産は結婚生活でのひとつのゴールともなるのではないでしょうか。そして、出産を境に、「家族」という新たな生活が始まるのです。その一方で、出産があったことで生活費足りない!といったことも少なくないようです。何をするにしても、生きる事って本当にお金が掛かるものなんですね!

 

出産に掛かる費用ってどれくらいなの?

 

出産には、いろいろとお金が掛かります。あらかじめ出産に備えて貯えをしていれば、お金の工面で慌てる必要はないでしょう。しかし、夫婦によっては急な出産で費用が間に合わなくなってしまう場合もあると考えられます。ところで出産にどれくらいの費用が掛るか知っていますか?一般的な概算とはなりますが、まず妊娠した後の妊婦健診費用として7〜10万円程度掛かります。そして、出産費用としては、およそ50〜100万円ほど掛かります。そして、妊婦に必要な費用としては、2〜5万円くらい必要になり、子供が生まれてからのベビー用品などでは5〜10万円くらいが差し当たって必要となるみたいですね。以上の出費を合計すると、出産までにはザッと70〜100万円程度掛かる計算になります。これだけの出産費用をサッと出せる夫婦は少ないと思いますよ。また、結婚して間もない新婚夫婦だと、貯金だって少ないので、結果として出産費用は両親に出してもらうことになってしまう夫婦も多いようなのです。

 

「出産一時金」の出産費用が支給されますよ!

 

自分たちのお金だけでは到底、出産費用が賄えなくても、他に手段はあります。たとえば、健康保険に加入していれば、誰でも出産一時金として、1人の子供に対して42万円が支給されますよ。ただし、出産一時金は、出産後に支給されるので、出産時の費用はやはり自前で用意する必要があるので、その点は注意してください。そこで出産一時金を受け取るまで、差し当たって自前で出産費用を払う為には、一時的にカードローンでキャッシングすると言った方法も可能なんです。たとえカードローンでお金を借りたとしても、出産後に一時金を受け取れるので、最低限出産に必要な分だけキャッシングすれば、そんなに大きな借金を抱えてしまうことにはならないと思います。カードローンで借りたお金は、「事業性資金」以外の用途なら、自由に使えるので、もちろん出産費用にも充てられます。また、利用方法も簡単で、パソコンやスマフォで簡単にネット申込みできて、消費者金融のカードローンなら即日融資も可能となります。そして、借りた後の返済についても、毎月一定額を返済するリボルビング返済となるので、返済の負担も少なく済みます。たとえば、出産費用が全部で50万円だとしたら、出産一時金で42万円支給されるので、残り8万円だけを一括返済しても良いですし、またリボルビング返済でも、毎月の返済負担はそんなに重くなりませんよ。以上の事から、出産費用で生活費足りなくても、出産一時金とカードローンキャッシングとの組み合わせで活用すれば、生活費をそんなに圧迫する事無く、無事に出産を済ませられるのではないでしょうか。

生活費足りない!おすすめキャッシング