子供の教育費で生活費足りない生活

子供がいる家庭では、子供がいない家庭よりも当然の事ながら、様々な生活費が余分に掛かります。また、1人よりは2人の方が、それだけ諸々の生活費が嵩むのは言うまでもありませんよね。そのことから子供が2人、3人といる家庭だと子供が1人の家庭よりも生活費足りないことって多いのではないでしょうか?

 

子供2人に掛かる生活費や教育費ってどれくらいなの?

 

「子供2人に掛かる生活費や教育費はどれくらい掛かるのか?」と言った疑問に対する答えは、各家庭での生活ぶりや生活水準、あるいは親の教育に対する関心度によって、かなり生活費や教育費にはバラつきが出ると言ってよいでしょう。たとえば、妊娠、出産から大学卒業までに掛かる1人当たりの子供の生活費・教育費としては2400万円くらいかかると言った一般的な試算があります。そして、子供2人だと4800万円掛かる計算になります。それだけ子供だけにお金が掛かってしまうのですから、十分に夫の収入や世帯主の収入が高くないと、恒常的に「生活費足りない!」と言った状態が起きてしまうとなるのではないでしょうか。また、夫の収入が減ったなんてことになると、途端に生活費不足は深刻なものになってしまうとも容易に推察できます。そのような場合には、子供に掛かる生活費や教育費を削る以外に手段は無いと思われます。たとえば、私立大学や私立高校は無理なので、公立や国立の学校に入学させることで教育費の負担を減らすと言ったことでしょうね。しかしながら、現実に子供に掛かる生活費や教育費を削ることは親にとってすごく辛いことになると思われます。それゆえ、自分や妻の食費や遊興費など、切り詰められるところはできるだけ切り詰めて生活費足りない状態をどうにかしている子供2人の家庭が多いのではないでしょうか。

 

子供に掛かる費用でお金足りない時はキャッシングに頼ろう!

 

子供の生活費や教育費が嵩んで生活費足りなくなったら、銀行や消費者金融でキャッシングする方法があります。また、子供の教育費について言えば、銀行なら「学資ローン」が利用できるので、生活費に掛かる教育費の圧迫を抑えることができますよ。つまり、いろいろな場面で生活費を切り詰めてもなお生活費足りないといった場合には、どこかでお金を借りて、とりあえず生活費不足を補わないと生活自体が成り立たなくなってしまうと言うことなんです。そして、子供2人を養育している家庭であれば、夫にもそれなりの定収入があると思われるので、銀行や消費者金融のカードローン審査に通るのは十分に可能と考えられます。また、奥さんがパートなどで働いていれば、夫と妻の収入を合算するかたちでカードローンに申込むといった手もありますよ。夫婦の収入を合算すれば、融資枠も大きくなるので、子供の教育費での使い道も広がると思われます。

生活費足りない!おすすめキャッシング