生活費やりくりについて

「生活費のやりくり」って、誰もがいつも考えている事なのではないでしょうか?その一方で、生活費のやりくり上手の方って、なんか羨ましく感じてしまいますよね。また、「ああ〜今月は遊び過ぎて生活費足りない!」や「今月は高価な買い物をしてしまった!」と言ったような時って、「来月からはしっかり生活費やりくりするぞ!」と、特に気負ってしまいますよね!?でも、実際に生活費のやりくりって上手くいかない場合が多いのではないでしょうか?

 

どうして生活費やりくりが上手くいかないの?

 

生活費のやりくりがあまり上手でない人や、苦手な人に共通している点を挙げれば、「節約の意識が低い」ことや「支出に対する危機意識が薄い」と言ったことだと思われます。そのことから、「家計簿は毎月きちんとつけているのだけど、どうしてやりくりが下手なの?!」と言った主婦もいるでしょう。その原因は、単に家計簿をつけて満足してしまっているだけで、その家計簿が示唆する節約や支出に対する危機感と言うものを汲み取っていないと考えられるのです。家計簿は、収入と支出の関係がよく理解できる便利なものなんです。そして、赤字続きの家計簿の支出を見れば、自然と節約しなければいけない部分や「来月からはどうにかしないといけないぞ!」と言った危機感を覚えるはずなのです。たとえば、収入に対して遊興費や携帯電話などの通信費の大きさが目に留まるようなら、来月は少しでもそれらの支出を抑えれば生活費のやりくりは好転しますよ。また、そのような節約において、ひとつの目安となるのが「生活費黄金比率」となるので、是非ネットで調べてみて、各々の支出における黄金比率をひとつの目安にして利用すれば、生活費のやりくりは見違えるほど良くなると思います。

 

生活費やりくりでは上手にキャッシングを利用してみよう!

 

生活費のやりくりにおいては、必然的に生活費として使えるお金のリミットはあります。しかし、事情によっては、生活費以上の出費が必要になってしまう場合ってあるでしょう。たとえば、冠婚葬祭が多かった月や、友人や会社の同僚との付き合いが特に多かった場合など、生活費のやりくりは厳しくなると思われます。そのような臨時の支出が重なってしまった場合には、一時的に銀行や消費者金融のキャッシングを利用して生活費をやりくりするのは有りだと思いますよ!ただし、その時キャッシングしたお金は、翌月から返済していかなければならないので、必ず来月の生活費のやりくりでは、その毎月の返済分を織り込んだものとしなければなりませんよ。もし、キャッシング分を生活費のやりくりに組み込まないと、毎月その返済分だけ生活費の赤字となってしまいます。また、キャッシングでは、毎月の生活費でのやりくりの中に組み込めないような借入を絶対にしないことが上手なキャッシングのコツになると憶えておいてくださいね。

生活費足りない!おすすめキャッシング