生活費足りないフリーターはどうしたらいい?

フリーターで生計を立てている人って、慢性的に「生活費足りない!」といった状態にある方が多いのではないでしょうか?また、フリーターで恒常的に生活不足という人の場合は、週2,3日程度しか働かなかったり、あるいは無職同然の生活をしていることで、労働日数の不足から収入不足といった原因があるとも考えられます。しかし、一生懸命に働いていても、フリーターゆえに低賃金労働に甘んじざるを得ずに生活費が不足してしまっているといった方もいると思われます。

 

生活費足りないフリーターはまずは労働日数を増やそう!

 

労働日数の不足で、慢性的に生活費足りないといったフリーターは、言ってみれば自業自得と言えるでしょう。そして、そのような働き方で、仮に生活費不足を補うために消費者金融などのキャッシングに申し込んでも審査に通してくれないと思いますよ。なぜなら、週2〜3日の働き方では、収入もかなり低いと思われるので、キャッシングの融資枠をもらえないと考えられるからです。また、審査担当者に「もっと労働日数を増やして収入を上げてからまた申込んでみてください」と忠告されるのが落ちとも思われます。そのことから、労働日数が不足していることが原因での生活費足りないのなら、まずは労働日数をもっと増やして収入を上げることが先決と言えます。フリーターと言う立場は、「決して社会から特別に保護されたり養護されるべき社会的弱者ではない」という事実を理解しておいてくださいね。つまりは時間に拘束されるのが嫌で自由に働きたいからフリーターになっている訳なので、それに対するツケは自分自身が負うべき責任になるということなんです。そして、仮にそのような働き方で生活費の不足をキャッシングで賄ったとしても、すぐに返済できなくなって債務整理をする羽目になりますよ。

 

フル稼働で働いても生活費足りないフリーターはキャッシング考えよう!

 

フリーターであっても週5〜6日程度、定期的に働いていれば、消費者金融などでキャッシングできる資格はあります。また、それだけ働いていれば収入は少なくてもある程度のレベルで安定していると考えられます。そして、本来はその収入だけでどうにか生活をやり繰りして生活費不足にならないようにするのが「フリーターの生き方」となるのではないでしょうか。しかし、低賃金労働の下で一生懸命に働いているフリーターの方も少なくないでしょう。そして、そのようなフリーターだと、フル稼働で働いても、どうしても生活費足りないといった事が多くなってしまうのではないでしょうか。そんな時は、生活費不足による生活困窮が酷くならないうちに消費者金融でキャッシングすることをおススメします。消費者金融の審査なら柔軟で簡単なので、フリーターでもきちんと安定収入を確保していれば審査に通る可能性はありますよ。ただし、生活費足りない分を常にキャッシングで補填することは勧めません。なぜなら、最終的には返済できなくなってしまうほどの借金を抱えてしまうことになるからです。それゆえ、キャッシングでどうにか最低限の生活を維持しつつ、もっと賃金や労働条件の良いところで働くような努力を怠らないことが大切になります。

生活費足りない!おすすめキャッシング