生活費足りない一人暮らしの場合

「生活費が足りない!」といった事態は、既婚者でも独身の一人暮らしの方であっても問題の深刻さや緊急性に変わりはないと思われます。その一方で、既婚者の場合は、傍に相談できる人がいたり頼れる人がいると思われます。が、一人暮らしの場合には、「そのような事態について相談できたり頼れる人がすぐ傍にいる」といったケースは稀なのではないでしょうか?そして、その分だけ一人暮らしでの生活費不足は精神的にキツイと言ってよいのかも知れませんね。

 

生活費足りない一人暮らしどうする?

 

一人暮らしでの生活費って思いのほかお金がかかってしまうのですね。たとえば、一人暮らしでの日常的な生活費での食費平均額は、約20000万円と言われています。これだと1食平均645円しか使えないことになりますね。そのことから、現実としては、社会人だと、だいたい月60000円〜80000円くらいかかっているようなのです。この食費計算だと、1食当たり1000円程度となります。この食費平均額だけ見ても、かなりの出費と言ってよいのではないでしょうか。また、これに毎月の家賃を計算すると、およそ収入の半分くらいから3分の1強くらいは占めてしまうと考えられます。加えて、社会人になると会社の同僚や友人との飲み会などの付き合いも増えるので、遊興費も嵩むことになりますよね。実は、一人暮らしの方が生活費がかかってしまうケースは少なくないのです。そして、そのような情況なので、常に日常で節制を気にしていないと、すぐに「生活費足りない!」といった事態になってしまうとも言えるのです。また、一人暮らしなので、生活費での無駄遣いを注意してくれる人も傍らにいません。そんな一人暮らしで生活費足りなくなったら、あなたならどうしますか?会社の同僚や友人にお金を借りられますか?つき合っている彼女にお金を無心しますか?このように頼れる人が傍にいる一人暮らしの方ならよいでしょうね。が、本当に近くに誰も頼れる人がいない場合には、やはり近くの金融機関でお金を借りることを真剣に考える必要があると思いますよ。

 

一人暮らしでもキャッシングできる

 

一人暮らしでも、きちんと会社に勤めて定期収入を得ていれば、「生活費足りない!ピンチだ!」といった時にお金を融資してくれるところはたくさんあるのです。たとえば、テレビCMや広告などで有名なプロミスやアコム、アイフルやモビットなどの消費者金融なら、正社員なら一人暮らしでもカードローンで即日にキャッシングできます!また、消費者金融なら、アルバイトで生計を立てている一人暮らしの方でも、きちんと安定収入を確保していれば利用可能です。つまり、消費者金融なら、「一人暮らしといった生き方のハンディは無い」と言うことなんです。一方、一人暮らしで安定収入あれば銀行でもキャッシングはできます。しかし、銀行のキャッシング審査では、特に申込者の「信用力の高さ」を重視するので、一人暮らしの独身者よりは既婚者の方が社会的信用度が高いとみなされる傾向は否めません。だが、一人暮らしの正社員なら、銀行だって十分に利用できる可能性はありますよ!そして、実際に一人暮らしをされている多くの方が、生活費が足りなくなって困った時には、銀行や消費者金融でお金を借りて急場を凌いでいるのです。

生活費足りない!おすすめキャッシング