生活費足りない夫婦2人について

夫婦2人で暮らしている方の中には、常に「生活費足りない」といった状態にある人も少なくないのではないでしょうか?その原因は、夫婦によって様々だと思われます。が、ひとつ共通している点としては、「収入に対する出費が多過ぎる」といった事実は否めないと思います。出費を見直して改善できる余地があれば、慢性的な生活費不足の状態から抜け出すのは可能だと思います。しかし、出費を見直してもどうにもならないと言った夫婦2人の場合には、とりあえず生活費不足を補うためにどこかでお金を借りなければならないと考えられます。

 

夫婦2人で生活費足りないのならまずは原因を見つけよう!

 

夫婦2人と言っても、「夫が働いて妻は専業主婦」といったケースや、「夫婦共働き」と云ったケースもあるでしょう。妻が専業主婦の場合で、生活費が足りないのであれば、お金を借りる前に妻がパートなどで働いて収入の改善を図ることが先決と考えられます。また、夫婦共働きで恒常的に生活費足りないのであれば、それは自分たちの生活をもう一度見直す必要があると思われます。たとえば、外食が多い生活なら外食を減らして出費を抑えたり、互いの趣味にかけるお金を減らしたり、あるいは飲酒代や食費をもう少し節約するといったかたちで改善できれば、かなり出費を抑えられ収支状態は好転して慢性的な生活費不足から脱け出せると思いますよ。その一方で、生活費をどんどん切り詰めても恒常的な生活費不足から脱け出せないのであれば、それは恒常的に収入が少ないからです。そのためにパート時間を増やして収入を底上げするなどが必要です。しかし、これ以上収入を増やす術が無いと言う場合は、できるだけ出費を切り詰めつつ、どこかでお金を借りるしか手は無いと考えられます。

 

夫婦2人で共働きならカードローン利用を考えてみる

 

専業主婦の方で生活費足りない分をカードローンで補うのは可能です。ただし、専業主婦は、銀行カードローンしか利用できませんし、夫に安定収入あることが絶対条件となります。一方、夫婦2人の共働きであれば、夫の収入と妻の収入を合算するかたちでカードローンでのキャッシングが可能となりますよ。別々の収入で借りても借入上限額は小さくなり、なによりも金利が別々にかかるので損です。夫婦の収入を合算で利用すれば、カードローンの利用上限額も増えるので有利になります。また、そのような夫婦2人でお金を借りる場合には、消費者金融カードローンが良いと思います。なぜなら、消費者金融は総量規制の対象なので収入の3分の1までが融資上限となるので、夫婦2人の合算で利用すればメリットが大きくなるからです。また、銀行の審査より消費者金融の審査の方が柔軟なので利用し易いですし、即日融資にも対応しているので「いますぐにお金が必要!」といった生活費足りない場合でも即応してもらえます。一方、銀行カードローンは、金利面では消費者金融よりも得ですが、もともと総量規制の対象外なので夫婦2人の収入合算で融資を受けるメリットは大きくないと思いますよ。

生活費足りない!おすすめキャッシング