生活費足りない家族4人の場合について

一人暮らしよりも夫婦2人暮らし、夫婦2人暮らしよりも家族4人暮らしと言ったように、一緒に住んでいる人数が増えれば増えるほど、生活費はたくさんかかると考えるのが普通ではないでしょうか?と言うのは、収入の稼ぎ手はどの家庭においても、基本的に夫のみ、あるいは夫婦2人の共働きとなるのであって、それ以外の家族は収入の無い扶養家族となるからです。そして、扶養家族の人数が増えれば増えるほど、稼ぎ手は限られているので、生活費を圧迫する要因になるのは自明の理と言えるのではないでしょうか。その意味から言えば、一人暮らしよりも家族4人の方が、「生活費足りない!」といった事は多いと言えるかもしれません。

 

家族4人は「一人暮らし×4人分」と考えられる?!

 

家族4人暮らしの場合は、単純に言えば「一人暮らし×4人分」と考えられると思われます。つまり、家族4人は、4人分の生活費が原則として必要になると言うことです。たとえば、衣類などは夫、妻、子供2人と4人分の出費が必要になるでしょう。また、特に子供がいる家庭では、子供にかかる教育費やその他の諸々の出費はありますし、中学生や高校生、大学生と言ったように子供が成長するに連れて掛かる出費も大きくなります。他には4人別々に部屋を持っていれば、各人の部屋の電気代も夫婦2人暮らしよりも必然的に多くなると思われます。つまり、家族4人暮らしと言うのは、言ってみれば、4人の人間が一つ屋根の下で共同生活をしているのと同義なので、必然的に4人分の生活費が掛かるようになることから「生活費足りない」と言った事態は多いと思うのです。そのような状況下で、切り詰められる生活費としては、食費や光熱費、あるいは携帯電話の使用料金と言ったことになると思われます。そして、家族4人暮らしでの大原則としては、「夫の収入がそれなりに高い」と言ったことになるでしょうね。なぜなら、夫は他の家族を養う義務と資力が要求されると言えるからです。そのことから夫の給料が減った場合など、家族4人暮らしは夫婦2人暮らしよりも、生活費不足が深刻な事態になってしまうと言ってよいかも知れません。

 

どうしても生活費足りない場合はキャッシングを利用してよい

 

これまで専業主婦をしていたなら生活費足りなくなったらパートなどで働きに出て収入を得るようにすれば、生活費不足を回避できるかもしれませんね。しかし、すでにパートなどで働いて夫婦共に収入を得ているにもかかわらず恒常的な生活費不足から脱け出せないような場合なら、それは収入自体に問題があると言ってよいでしょう。そのための解決策としては、どうにかして少しでも収入を上げる努力をすると同時に、子供たちにも協力してもらい、できるだけ光熱費や食費を節約しつつ、携帯電話などの使用料も極力少なくすると言った方法しかないと思われます。そして、そのような努力をしても、どうしても生活費が足りない時だけ、銀行や消費者金融のカードローンを利用してキャッシングしてみましょう。ただし、生活費不足をキャッシングだけで賄おうとすれば、結果として返済できないほどの借金を抱えてしまうことになるので注意が必要ですよ。つまり、生活費不足においては、あくまでも収入と出費のバランスをしっかり見直し節約できるところは節約すると言った自助努力を大前提とした上で、緊急時のみにキャッシングに頼ると言った使い方が肝要になるのです。

生活費足りない!おすすめキャッシング