生活費足りない老後の場合について

今後、高齢化社会のさらなる進展に伴って、年金だけで暮らす高齢者の人口数がますます増加していくことが予想されます。他方で、年金だけで生活している多くの方が、「年金だけでは生活が苦しい」と感じているのです。加えて、消費税増税、保険料の値上げ、物価の上昇、光熱費の上昇など、年金暮らしの高齢者を取り巻く生活環境は厳しさを増しているとも言えるでしょう。そのことから、「生活費足りない!」といった生活を恒常的に強いられている高齢者も少なくないのです。そして、多くの方が老後の生活に大きな不安を抱えているとも言ってよいでしょう。そのような老後の生活において、生活費足りない高齢者はどうすればいいのでしょうか?

 

高齢者の老後生活はますます厳しさ増していく?

 

もはや年金収入だけでは十分に満ち足りた老後の生活を送ることは適わないのは自明の理と言ってよいと思います。どうにか年金だけでも日々の生活を切り詰めればやっていけるものの、急病で入院したり、事故に遭って通院するようになって医療費がかかったりすると、途端に「生活費足りない」といった事態に追い込まれてしまう老後生活を送っている方は現実に多いのです。また、老後の不安を口にする高齢者の数は年々増加しているとも言えます。その一方で、年金収入だけの老後生活を送っている方は、無収入となるので生活費が足りなくなると、すぐに酷い生活困窮者になってしまい、水道や電気などのライフラインを止められたまま生活している高齢者も実際に少なくありません。そんな辛く厳しい老後の生活を強いられている方でも、一時的にどこかでお金を借りることができたら老後の不安も少しは解消されることになるのではないでしょうか。

 

生活費足りない老後生活でもキャッシングできる!

 

年金収入だけを頼りに老後を暮らしている人でも、生活費不足を補うためにお金を借りる方法はあります。まず高齢者のキャッシングで問題となるのは、「年令制限」なのです。たいていのカードローンでの利用条件において、「満65歳未満」といった年令制限の上限が設けられています。そして、年金の受給は65歳から始まるので、年金受給者は利用できないことになってしまうのです。しかし、年令制限の上限を高くしているところもあります。たとえば、新生銀行レイクなら「満70歳まで」利用できます。また、中小消費者金融だと、「満79歳以下まで利用可」といったような年令制限の上限を非常に高くしているところもあります。その一方で、年令制限の高いカードローンの中には、利用条件として「年金以外に定期収入ある事」となっているところも実は少なくありません。そして、生活費足りない高齢者にとって、この安定収入の利用条件をクリアすることは非常に困難なんです。しかし!地方銀行が提供している「年金受給者専用シルバーカードローン」なら、年令制限も安定収入も同時にクリアできるのです。地銀のシルバーカードローンなら、年令制限も80歳までと高く、かつ年金を安定収入としてみなしてくれるのです。そのことから、「生活費足りない!」といった高齢者の方は、地元の地銀のシルバーカードローンの利用を強くおススメします!

生活費足りない!おすすめキャッシング