生活費足りないことによる自殺について

今日では、「生活苦」を理由に自殺してしまう方は少なくないようです。そして、自殺にまで追い込まれてしまう方には、「生活費足りないことで人生を絶望してしまう」といった理由の人もいます。しかし、生活費が足りないのを理由に自殺してしまうのはとても悲しいことと感じます。そして、もし自殺する前に、どこかで足りない生活費が工面できていたら、自殺しなくても済んだ人っているのではないでしょうか?

 

生活費足りなくて自殺してしまう人の苦悩

 

生活苦で自殺してしまう人は、単にお金が無くて自殺してしまう方だけではないと考えられます。と言うのは、お金が無くて生活費が足りないのは、生きていてとても苦しいことだとは思われますが、実は生活費足りなくて自殺してしまう人の心境とは、「自分が辛い立場にいるのに誰も救いの手を差し伸べてくれない」といった精神的苦痛、や重圧が原因と考えられるからなのです。それゆえ、自分の今後の人生に絶望して自殺を考えてしまうと思うのです。また、誰にも頼れない孤独感に苛まれる中で、恒常的な生活費不足は、そんな精神的苦痛に拍車を掛けることにもなるのではないでしょうか。そして、生活費足りない状態が深刻化してしまうと、1日3食を食べられずに、1食になったりして体力の衰えから気力も無くなってしまって、また水道や電気といったライフラインも止められてもお金が払えないことで鬱状態にハマりこんで自殺願望を強くしてしまうと思われます。そのことから、精神状態が深刻化しないうちに、生活費足りない問題だけでもどうにか解決できれば自殺するのを思い留まることができるのではないでしょうか。

 

生活費不足で自殺まで考え始めたら開き直ってどこかでお金を借りてみよう!

 

生活費不足などで自分が辛い状態にある時、相談できる親しい友人や知人が傍に居れば自殺まで考えなくても済むのかもしれません。でも、自分の周りに相談できる相手もいなくて、ましてやお金を無心できる友人や知人もおらず、たった一人で悩んでいるとやはり自殺することを考えてしまうのが、ある意味で人間ではないでしょうか?しかし、そのような友人や知人がいなくても、生活費不足の問題は差し当たって解決できるのです。それはお近くにある金融機関に頼れば良いのです!無職で生活費不足と言った場合は非常に難しくなってしまいますが、少なくてもアルバイトやパートなどで定期的に働いて安定収入を得ている上での生活費不足なら、銀行や消費者金融でキャッシングできます。そして、まずはキャッシングして足りない生活費をひとまずでもどうにかできれば、今後の生き方を考えられる気持ちが生まれてくるのではないでしょうか。そのことから、自殺に至ったり、自殺を考えてしまう前に、まずはカードローンなどでキャッシングして、最低限生活に必要な分のお金を確保することで、自分の気持ちを落ち着かせて冷静に自分の生活を見つめ直せる時間を作ることが生活費足りない理由で自殺してしまうのを未然に防ぐための方法になると思われます。

生活費足りない!おすすめキャッシング