生活費足りないことによる離婚

生活費足りないことが原因で離婚にまで発展してしまう夫婦って決して少なくないようなのです。いかに相思相愛で結婚した仲でも、現実の生活の中では、やはり生活費不足は深刻な問題となるようですね。「愛だの恋などで一緒に暮らせるのは1年くらい!」といった言いぐさも案外本当の事なのかもしれません。

 

生活費足りない生活は精神的苦痛も大きい!

 

慢性的に毎月生活費足りない生活を続けていると、夫婦の人間関係も悪くなります。また、互いの人間性も荒んできてしまうのではないでしょうか。さらに、毎月毎月お金の事で口論し続けていると、互いに思いやる気持ちもいつの間にか失せてしまうのではないでしょうか。ついには「お互いに顔を見るのもイヤ!」となったり、「相手のことを憎々しく感じてしまう」といった、人間関係としてもはや成り立たないような状況になってしまうことも否めません。そして、そのような状態で一つ屋根の下で住み続けるのは精神的苦痛に他ならないと言ってよいのです。そうなってしまうと、残る道は別居か離婚しかないと言う結論になるのではないでしょうか。そうなってしまう前に、どちらか一方が相手に歩み寄って、生活費足りない原因を夫婦で考え、互いに無駄遣いしているような点があれば双方ともに改善するといった前向きな話し合いができれば「離婚」という最終手段にどちらかが訴えることは避けられるのではないでしょうか。

 

とりあえず生活費不足を乗り越えつつ互いの懐柔策考えよう!

 

生活費足りないことで離婚してしまうのは、詰まる所「お金の問題」と言ってよいでしょうね。それゆえ、まずはどのようなかたちでも良いので、「お金の問題」を解決できるような方策を見つけることが離婚までに至らないためのまずは当面の手段となるのではないでしょうか。たとえば、そのためには当面の間は、銀行や消費者金融のカードローンで足りない生活費の分だけをキャッシングするのです。そして、とにかくお金の問題で互いに対立しないようにしながら、生活費足りない生活からの脱却を図る方策を夫婦で協力して考えていけばよいと思うのです。つまり、キャッシングは単に足りない生活費をカバーするためだけに利用するのではなくて、とりあえず生活費不足の問題を脇に置ける余裕を作って、冷静に夫婦が生活費不足について話し合える土壌を作ってくれるとの使い道もあると言うことなんです。そのことから、キャッシングを積極的に利用するのも離婚を避けるための良い方法と言えます。ただし、無計画に利用し続けるのではなく、「利用期間を決めてそれまでにきちんと生活費足りない状態から脱するための手段を決める」といったようなメリハリを効かしたキャッシング利用を忘れないでください。

生活費足りない!おすすめキャッシング